イリス・レティクラータ

Iris reticulata

Iris reticulata

Iris reticulata

Iris reticulata

コーカサス山脈周辺のトルコやイラン、イラクそれにロジアに分布し
ています。高さが7〜15センチほどの矮性アイリスです。早春の2月
から3月ごろ、芳香のある大きな花を咲かせます。外花被片は青み
がかった紫色から濃い紫色で、基部に鮮やかな黄色い縞模様があり
ます。
アヤメ科アヤメ属の多年草で、学名は Iris reticulata。
英名は Reticulata iris。
Reticulata iris belongs to Iridaceae (Iris family). It is a perennial herb that is
native to around the Caucasus Mountains, Turk to Iran, Iraq and Russia.
This herb is a dwarf iris and can reach 7-15 cm in height. It is borne a
fragrant large flower in February to March. The outer tepals are bluish
purple to dark purple with bright yellow bands at the bases.
[上・中1] 静岡県長泉町「クレマチスの丘」にて、
2006年02月28日撮影。
[中2] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2004年03月09日撮影。
[下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2007年03月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp