いしがきすみれ (石垣菫) [Index] [Back]

Viola tashiroi var. tairae

Viola tashiroi var. tairae

Viola tashiroi var. tairae

Viola tashiroi var. tairae

わが国の南西諸島、石垣島だけに分布しています。「やえやますみれ(八重山菫)」の変種です。山地の渓流沿いに生え、高さは3〜6センチになります。葉は濃緑色の三角形で、基部は切形です。2月から4月ごろ、白色の花を咲かせます。唇弁には淡い紅紫色の筋があり、側花弁の基部には短毛が生えます。
スミレ科スミレ属の多年草で、学名は Viola tashiroi var. tairae。
英名はありません。
"Ishigaki-sumire" (Viola tashiroi var. tairae) belongs to the Violaceae family (the Violet family). It is a perennial herb that is endemic to Ishigaki Island of the Ryukyu Islands. It is also a variety of "Yaeyama-sumire". This herb grows in mountain stream banks and can reach 3-6 cm in height. The leaves are dark green deltoid with truncate bases. The white flowers bloom from February to April. The labial petal has pale magent veins and the lateral petals have short hairs at the bases.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2013年01月19日撮影。
[下] 同上にて、2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp