イソトマ [Index] [Back]

Isotoma axillaris

Isotoma axillaris

Isotoma axillaris

Isotoma axillaris

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州、ビクトリア州に分布しています。岩の露頭などに生え、高さは30センチほどになります。葉は淡緑色で、分裂します。夏から秋にかけて、青色の星形の花を咲かせます。冬には枯死して、春には再び成長します。茎を傷つけると白い乳汁がでますが、皮膚被れの原因とたることもあります。
キキョウ科イソトマ属の多年草で、学名は Isotoma axillaris (syn. Laurentia axillaris)。英名は Rock isotoma。
Rock isotoma belongs to Campanulaceae (Bellflower family). It is a perennial herb that is native to eastern Australia, Queensland south to New South Wales and Victoria. This herb occurs on rocky outcrops and can reach about 30 cm in height. The leaves are light green and divided into lobes. The blue, star-like flowers come in summer to fall. This herb may die back in winter but will grow back in spring. The stems exude white sap that may cause irritation to sensitive skin.
[上・中1] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中2・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp