いたどり (虎杖)

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

Reynoutria japonica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や台湾に分布しています。山野にふつうに生え、高さは50〜150センチになります。根茎は長く地中を這い、春にタケノコ状の芽をだします。これは酸っぱいですが食用になります。6月から9月ごろ、枝先に複総状花序をつけ、小さな白い花をいっぱい咲かせます。大阪での呼び名は「すかんぽ」です。また根茎は虎杖根(こじょうこん)として、漢方薬に用いられます。
タデ科イタドリ属の多年草で、学名は Reynoutria japonica。
英名は Japanese knotweed。
The Japanese knotweed (Reynoutria japonica) belongs to the Polygonaceae (the Knotweed family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula and Taiwan. This herb grows in hills and dales and can reach 50-150 cm in height. It spreads by long rootstocks in the grounds and bears midair young shoots in spring. They have a sour taste and edible. The compound racemes are borne on the terminal branches and bloom small white flowers from June to September. The rootstocks are used a herbal medicine for laxative and diuretic agent.
[上] 長野県伊那市長谷黒河内「南アルプス林道」にて、
2006年09月22日撮影。
[中1] 長野県山ノ内町志賀高原丸池にて、2003年08月12日撮影。
[中2・中3] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、
2005年09月22日撮影。
[中4] 長野県小谷村「栂池自然園」にて、2006年07月27日撮影。
[中5] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2006年08月02日撮影。
[中6] 奈良県御所市関屋「金剛山」にて、2006年09月05日撮影。
[中7・中8] 新潟県関川村金俣にて、2008年07月11日撮影。
[中9] 京都府京田辺市打田北谷にて、2006年04月18日撮影。
[中10] 千葉県香取市仁良にて、2012年04月24日撮影。
[中11・中12] 千葉県香取市田部にて、2012年04月25日撮影。
[中12〜中15] 福島市土湯温泉町「浄土平」にて、
2013年07月20日撮影。
[中16・中17] 福島県檜枝岐村「大江湿原」にて、
2013年08月25日撮影。
[中18・中19] 福島県北塩原村「猫魔ヶ岳」にて、
2014年06月14日撮影。
[中20〜21・下] 福島市土湯温泉町「一切経山」にて、2015年08月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp