いたやかえで (板屋楓)

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

Acer mono

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地に生え、高さは15〜20メートルになります。秋に黄葉する「かえで」の代表です。名前は、葉がよく茂って、板でふいた屋根のように雨がもらないことから。樹皮は暗灰色で、老木になると浅く裂け、葉は7〜15センチくらいで、5〜7裂します。4月から5月ごろ、黄緑色の花が咲き、翼果は直角から鋭角に開いて、褐色に熟します。日本のカエデ属のなかでは、いちばん甘い樹液を出し、タバコの香料にも使わます。 
カエデ科カエデ属の落葉高木で、学名は Acer mono。
英名はありません。 
"Itaya-kaede" (Acer mono) belongs to the Aceraceae (the Maple family). It is a tall deciduous tree that is distributed widely in Japan, the Korean Peninsula, and China. This tree grows in mountainous areas and can reach 15-20 m in height. This is a typical maple species with yellow fall foliage. The bark is dark gray and shallowly furrowed when old. The leaves are 7-15 cm wide and palmately divided into 5-7 lobes. The yellowish-green flowers bloom in April to May, and the fruits are samaras with square to acute-angled wings that turn brown when ripe. This tree’s sap, the sweetest of any Japanese maple, is used to enhance the aroma of cigarettes. (edit by Greg Brockelbank) 
[上・中1〜2] 群馬県渋川市伊香保にて、2010年05月16日撮影。
[中3・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年04月06日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2007年05月22日撮影。
[中7〜中9] 福島県磐梯町更科にて、2011年11月05日撮影。
[中10〜中13] 福島県矢祭町茗荷「八溝山」にて、
2013年10月12日撮影。
[中14・中15] 茨城県大子町「男体山」にて、2013年11月16日撮影。
[中16・中17] 福島市土湯温泉町「家形山」にて、
2014年06月01日撮影。
[中18〜中21] 山形県小国町小玉川「樽口峠」にて、
2015年05月04日撮影。
[中22〜中24] 山形県小国町大滝にて、2016年05月02日撮影。
[中25〜中27] 山形県小国町大石沢にて、2016年05月02日撮影。
[中28・下] 山形県新山「笹谷峠」にて、2016年09月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp