イタリアンパセリ

Petroselinum crispum var. neopolitanum

Petroselinum crispum var. neopolitanum

Petroselinum crispum var. neopolitanum

Petroselinum crispum var. neopolitanum

Petroselinum crispum var. neopolitanum

地中海の東部沿岸が原産です。高さは30〜80センチになり、葉は
羽状に深裂します。ふつうの「パセリ(P. crispum)」と異なり、葉が縮ま
ないのが特徴です。わが国へは、明治時代のはじめに渡来していま
す。おもにイタリア料理で、香味野菜として利用されます。
セリ科オランダゼリ属の二年草で、学名は Petroselinum crispum var.
neopolitanum。英名は Italian parsley, Flat-leaf parsley。
Italian parsley belongs to Apiaceae (the Carrot family). It is a biennial herb
that is native to eastern coastal areas of the Mediterranean Sea. This herb
can reach 30-80 cm in height, and the leaves are divided into segments
pinnately. It is defined by the un-curly leaves. This herb was introduced
into Japan in early Meiji Era (about 130 years ago). It is used as a spicy
herb in Italian cuisine.
[上] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中1] 千葉県香取市大角にて、2010年05月25日撮影。
[下] 同上にて、2010年08月17日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp