イタリアンたんぽぽ (イタリアン蒲公英) [Index] [Back]

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

Cichorium intybus

北ヨーロッパが原産のチコリの一変種です。葉は「せいようたんぽぽ(西洋蒲公英)」に似ていますが、異なった品種です。葉や花茎をサラダに利用するイタリアには、いくつかの品種があります。7月から10月ごろ、花茎をだし、明るいブルーの頭花を咲かせます。 
キク科キクニガナ属の多年草で、学名は Cichorium intybus。
英名は Italian dandelion。 
Italian dandelion (Cichorium intybu) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a variety of Chicory which is native to nothern Europe. Although the leaves are similar to the dandelion (Taraxacum officinale), Italian dandelion is a different species. There are several varieties in Italy where the leaves and flower stalks are used in salads. The bright blue flower-heads bloom at the flower stalks from July until October. 
[上] 千葉県香取市大角にて、2016年05月28日撮影。
[中1] 同上にて、2016年06月08日撮影。
{中2〜4・下] 同上にて、2016年09月14日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp