いちご (苺)

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora

Fragaria grandiflora cv. Red Ruby

北アメリカ東部の「バージニアいちご(Fragaria virginiana)」と南北アメリカ西部の「チリいちご(Fragaria chiloensis)」の自然交雑種をもとに改良された園芸品種です。わが国へは江戸時代の末にオランダ人によって伝えられ、「オランダいちご」と呼ばれました。葉は倒卵形の三出複葉で、全体に縮れた毛を密生します。根元からランナーを長く伸ばして繁殖します。4月から5月ごろ白い花を咲かせ、果実は赤く熟します。食用にされるのは、花托の発達した部分です。写真下の品種は、「レッドルビー(cv. Red Ruby)」。
バラ科オランダイチゴ属の常緑多年草で、学名は Fragaria grandiflora。英名は Strawberry、Garden strawberry。 
Strawberry (Fragaria grandiflora) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is an perennial herb that is cultivars breeded from natural crossing species between the Virginia strawberry (Fragaria virginiana) and the Chile strawberry (Fragaria chiloensis). This herb was introduced into Japan by Dutchmen in the last days of Edo Era (about 250 years ago). The leaves are 3-lobed compounds and the leaflets are obovate, covered with curly hairs. This herb extends the runners from the base and reproduces itself. The white flowers come in April to May and the fruits ripen red. The thalamus is swollen and edible. 
[上・中1] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年05月03日撮影。
[中2] 大阪府枚方市招提元町にて、2007年04月04日撮影。
[中3] 同上にて、2007年05月16日撮影。
[中4・中5] 静岡県伊豆の国市韮山にて、2013年08月03日撮影。
[中6] 千葉県香取市大角にて、2013年04月01日撮影。
[中7] 同上にて、2013年04月28日撮影。
[中8・中9] 同上にて、2015年04月27日撮影。
[中10・中11] ポルトガル・アルガルヴェ地方カストロマリンにて、
2016年02月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] アメリカ・ニューメキシコ州アルバカーキにて、
2010年07月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp