いちはつ (鳶尾・一八)

Iris tectorum

Iris tectorum

中国の中部から南西部、それにミャンマー北部に分布しています。
わが国へは江戸時代に渡来しました。半日陰の乾燥地を好み、高さ
は30〜60センチになります。葉の幅は3〜4センチと広く、外花被
片の基部にとさか状の突起があるのが特徴です。4月から5月ごろ、
紫色の花を咲かせます。昔は、大風を防ぐと信じられていたので、わ
ら屋根に植えられたそうです。
アヤメ科アヤメ属の常緑多年草で、学名は Iris tectorum。
英名は Roof iris。
東京都文京区「小石川植物園」にて、2003年05月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp