いちりんそう (一輪草)

Anemone nikoensis

Anemone nikoensis

Anemone nikoensis

わが国の本州、宮城県以南から四国・九州に分布しています。山地
の林の中や草地に生え、高さは10〜30センチになります。葉は2回
羽状複葉で3個が輪生し、小葉はさらに羽状に裂けます。4月から5
月ごろ、花茎の先端に白い花を咲かせます。花弁のように見えるの
は萼片です。別名で「いちげそう(一華草)」とも呼ばれます。写真上
は、雄しべが弁化した八重咲き品種で「やえざきいちりんそう(八重
咲き一輪草)」。
キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、学名は Anemone
nikoensis。英名はありません。
'Ichirin-so' (Anemone nikoensis) belongs to Ranunculaceae (Buttercup
family). It is a perennial herb that is native to southward from Miyagi
prefecture of Honshu to Shikoku and Kyushu. This herb occurs in montane
woodlands or grasslands and can reach 10-30 cm in height. The leaves are
bipinnately compound, three whorled and the leaflets are divided into
segments. The white flowers come on the stalks from April to May. The
sepals look like petals. The top of photos is a double form 'Yaezaki-ichirin-
so' with petaloid stamens.
[上] 長野県伊那市西春近「かんてんぱぱガーデン」にて、
2007年05月08日撮影。
[中] 大阪府河内長野市滝畑「岩湧山」にて、2006年05月15日撮影。
[下] 長野市戸隠「戸隠高原」にて、2004年05月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp