イウェシア・リコポディオイデス [Index] [Back]

Ivesia lycopodioides

Ivesia lycopodioides

Ivesia lycopodioides

アメリカのカリフォルニア州とネバダ州に分布しています。山地の岩棚の隙間や高山の湿り気のある草地に生え、高さは30センチほどになります。葉は平たいか円筒形で長さは15センチ以上、個々の葉は非常に小さな浅裂した小葉からなっています。盛夏に鮮やかな黄色い花を咲かせます。花の中心には、ふつう5個の雄しべと、いくつかの雌しべがあります。
バラ科イウェシア属の多年草で、学名は Ivesia lycopodioides。
英名は Clubmoss mousetail。
Clubmoss mousetail (Ivesia lycopodioides) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native to California and Nevada. This herb grows in the crevices of rock ledges in the mountains and in wet high-elevation meadows, and it can reach about 30 cm in height. The leaves are flat to cylindrical, up to 15 cm long, each of which is made up of many tiny, lobed leaflets. The bright yellow flowers bloom in mid summer. In the center of the flower are usually five stamens and several pistils.
アメリカ・カリフォルニア州「ヨセミテ国立公園」にて、
2008年08月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp