いわだれそう (岩垂草)

Lippia nodiflora

Lippia nodiflora

Lippia nodiflora

Lippia nodiflora

Lippia nodiflora

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、それにオーストラリア
や南北アメリカにも分布しています。海岸の砂浜や岩場に生え、高さ
は7センチほどで地面を這って広がります。葉は倒卵形で厚く、対生
します。7月から10月ごろ、葉腋から穂状花序をだし、小さな淡い紫
色の花を咲かせます。
クマツヅラ科イワダレソウ属の多年草で、学名は Lippia nodiflora。
英名は Turkey tangle frogfruit, Frogfruit。
Turkey tangle frogfruit (Lippia nodiflora) belongs to the Verbenaceae (the
Verbena family). It is a perennial herb that is distributed westward from
Honshu to Shikoku, Kyushu of Japan, Australia, North and South
America. This herb grows in coastal gravelly beaches and rocky places,
crawl on the grounds and can reach about 7 cm in height. The leaves are
obovate, thick and arranged in opposite. The spikes are borne on the axils
and the small, pale purple flowers bloom from July to October.
[上・中1〜2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中3・下] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp