いわがらみ (岩絡み)

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

Schizophragma hydrangeoides

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島に分布しています。ブナ帯に多く、林縁などに生え、気根を出して岩や木に這いのぼります。葉は広卵で縁には粗い鋸歯があり、対生します。5月から7月ごろ、枝先の散房花序に白い花を咲かせます。装飾花が一枚なので容易に見分けられます。葉を揉むと「きゅうり」のような香りがします。新芽を摘み取って、和え物や味噌汁の実、お浸しなどにするそうです。 
アジサイ科イワガラミ属の落葉蔓性木本で、学名は Schizophragma hydrangeoides。英名は Japanese hydrangea vine。 
The Japanese hydrangea vine (Schizophragma hydrangeoides) belongs to Hydrangeaceae (the Hydrangea family). It is a deciduous woody vine that is native to trough Japan and the Korean Peninsula. This vine grows in outskirts of beech forest belt and climbs up adjacent trees and rocks by the aerial roots. The leaves are broad ovate and alternate with coarsely toothed edges. The corymbs are borne on the terminal branchlets, and bloom white flowers. It is defined by the single ornamental flower. The burgeons are uesd for wild vegetable in Japan. 
[上・中1] 長野県岡谷市湊にて、2007年07月13日撮影。
(photo by Takao Ito)
[中2] 群馬県上野村楢原「ぶどう岳」にて、2005年07月10日撮影。
[中3・中4] 長野県白馬村落倉にて、2005年07月11日撮影。
[中5] 岐阜県八百津町八百津にて、2007年06月08日撮影。
[中6] 岐阜県高山市丹生川町久手にて、2007年07月31日撮影。
[中7] 長野県阿智村阿智「富士見台高原」にて、
2007年05月07日撮影。
[中8・中9] 福島県南会津町「宮床湿原」にて、
2013年07月21日撮影。
[中10・中11] 福島県川俣町「花塚山」にて、
2014年05月17日撮影。
[中12〜中14] 福島県二本松市「日山」にて、
2014年06月21日撮影。
[中15・下] 宮城県石巻市「金華山」にて、2016年03月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp