いわかがみ (岩鏡)

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

Schizocodon soldanelloides

わが国の各地に分布しています。山地帯から高山帯の草地や岩場に生え、高さは15センチほどになります。葉は円形で長い葉柄があり、表面には光沢があります。4月から7月ごろ、花茎を伸ばして総状花序をつけ、淡紅色の花を2〜10個咲かせます。花冠は漏斗形で5裂し、先端が細かく裂けています。
イワウメ科イワカガミ属の常緑多年草で、学名は Schizocodon soldanelloides。英名はありません。
"Iwa-kagami" (Schizocodon soldanelloides) belongs to the Diapensiaceae family. It is an evergreen herb that is native throughout Japan. This herb grows in montane to alpine grasslands and rockey places, and can reach about 15 cm in height. The leaves are round and glossy with long petioles. The racemes are borne on the flowering stalks and bloom 2-10, pale rose-pink flowers from April to July. The corolla is funnel-shaped, five partite with fine-divided tips.
[上] 長野県安曇野市穂高有明「中房渓谷」にて、
2006年06月02日撮影。
[中1〜2・中4] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中3] 富山県立山町芦峅寺「立山・弥陀ヶ原」にて、
2006年07月10日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中5・中6] 福島県磐梯町「磐梯山」にて、2012年06月23日撮影。
[中7〜中9] 福島市土湯温泉町「一切経山」にて、
2014年05月31日撮影。
[中10・中11] 福島県二本松市「安達太良山」にて、
2014年09月06日撮影。
[中12〜中15] 岩手県一関市「栗駒山」にて、
2015年06月20日撮影。
[中16・下] 群馬県片品村「至仏山」にて、2015年07月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp