いわやつで (岩八手)

Mukdenia rossii

Mukdenia rossii

Mukdenia rossii

中国の東北部から朝鮮半島に分布しています。渓谷の岩地など湿り気のあるところに生え、高さは15〜20センチになります。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして先端に集散花序をつけ、白い花を咲かせます。名前は、葉のかたちが「やつで(八手)」に似ていることから。別名で「たんちょうそう(丹頂草)」とも呼ばれます。 
ユキノシタ科イワヤツデ属の多年草で、学名は Mukdenia rossii。
英名はありません。 
"Iwa-yatsude" (Mukdenia rossii) belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is distributed from Northeastern China to the Korean Peninsula. This herb grows in wettish places, such as rocky areas of valley, and up to a height of 15-20 cm. It grows up the flower stalks and blooms white flowers in the terminal cymes from April to May. The Japanese name is because the shape of the leaf resembles "Japanese aralia". 
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2003年03月16日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp