イクソラ・コッキネア

Ixora coccinea

Ixora coccinea

Ixora coccinea

Ixora coccinea

Ixora coccinea

Ixora coccinea

インドが原産です。サンタンカ属の中ではよく分枝し、高さは1.8〜3メートルになります。葉は広披針形で小さく、密生します。花期は周年で、茎の先や葉腋に散房花序をつけ、暗い緋紅色の花を咲かせます。多くの変種や園芸品種があり、ピンク色や黄色、オレンジ色など花色もいろいろです。インドでは、シバ神にこの花をお供えするそうです。 
アカネ科サンタンカ属の常緑小低木で、学名は Ixora coccinea(syn. Ixora grandiflora)。英名は Scarlet jungle flame、Jungle geranium。 
Scarlet jungle flame (Ixora coccinea) belongs to the Rubiaceae (the Madder family). It is an evergreen shrub that is native to India. This shrub is much-branced and can reach 1.8-3 m in height. Leaves are small, broad-lanceolate and grow thickly. Corymbs with deep red to scarlet flowers are seen on the tip of branches or axils, throughout the year. There are many varieties and cultivars with many flower colors such as pink, yellow or orange. Scarlet jungle flame is given to the Hindu god Shiva in India. 
[上] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2005年10月22日撮影。
[中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、2006年10月25日撮影。
[中2] 名古屋市千種区「東山動植物園」にて、2006年12月21日撮影。
[中3〜4・下] 同上にて、2017年08月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp