いざよいばら (十六夜薔薇)

Rosa roxburghii

Rosa roxburghii

Rosa roxburghii

Rosa roxburghii

Rosa roxburghii

Rosa roxburghii

中国中南部の湖南・広西省から貴州省、四川省、雲南省に分布しています。山野に生え、よく分枝して高さは2メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉で、楕円形から卵状長楕円形の小葉がつきます。縁には鋭い鋸歯があります。春、枝先に直径8センチほどのピンク色の花を咲かせます。八重咲きで、萼片や花柄には強い棘があります。果実は偽果で黄色く熟し、ビタミンCが多く含まれるため、サプリメントや果実酒などに利用されます。和名は花弁の一部が欠け、十六夜の月に見えることから。別名で、中国名の音読みで「とげなし(刺梨)」とも呼ばれます。 
バラ科バラ属の落葉低木で、学名は Rosa roxburghii。
英名は Chestnut rose、Chinquapin rose、Moss rose。 
The chestnut rose belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native to central-southern China, from Hunan-Guangxi touizhou, Shchuan and Yunnan. This tree grows in mountains and fields. It is much-branched and can reach about 2 m in height. The leaves are odd-pinnate compound with elliptic to ovate-oblong leaflets. The leaflet has acute toothed edges. The pink flowers about 8 cm across come at the treminal twigs in spring. They are double-flowered, the sepals and peduncles have strong spines. The false fruits ripen yellow and contain lots of vitamin C. They are used as dietary supplement or fruit wine. 
[上・中1] 大阪府枚方市「ひらかたパーク」にて、
2007年05月23日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2006年07月26日撮影。
[中4・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2013年05月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp