おびれはりくじゃくやし (尾鰭針孔雀椰子)

Aiphanes aculeata

Aiphanes aculeata

Aiphanes aculeata

Aiphanes aculeata

Aiphanes aculeata

南アメリカの北部に分布しています。熱帯雨林に生え、高さは6〜10
メートルになります。単幹種のヤシで、幹や葉柄、花序などは長い黒
色の棘に被われています。葉は羽状複葉で、小葉の先端が魚の尾
びれのようなかたちをしています。茎頂から総状花序を下垂させ、球
形の赤い果実をいっぱいつけます。
ヤシ科アイファネス属の常緑小高木で、学名は Aiphanes aculeata
(syn. A. caryotifolia)。英名は Coyure palm, Ruffle palm。
Coyure palm belongs to Arecaceae (Palm family). It is an evergreen semi-
tall tree that is native to northern South America. This tree occurs in
rainforests and can reach 6-10 m in height. This palm is a single trunk, the
stem, petioles and inflorescence stem are covered with long black spines.
The leaves are pinnate compound and the tips of leaflets look like tail fins.
The racemes are drooping from the shoot apexes and bear many round red
fruits.
[上・中1・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp