オクトパスツリー

Schefflera actinophylla

Schefflera actinophylla

Schefflera actinophylla

Schefflera actinophylla

Schefflera actinophylla

Schefflera actinophylla

Schefflera actinophylla

Schefflera actinophylla

ジャワ島からニューギニア、オーストラリアにかけて分布しています。高さは12メートル以上になります。葉は掌状複葉で互生します。長楕円形の小葉は7〜16個あり、光沢のある緑色です。4月から10月ごろ、枝先の散形花序に赤紫色の花を咲かせます。名前はそのすがたがタコの足のように見えることから。別名で、旧属名の「ブラッサイア(Brassaia)」と呼ばれることもあります。
ウコギ科フカノキ属の常緑高木で、学名は Schefflera actinophylla (syn. Brassaia actinophylla)。英名は Octopus tree、Umbrella tree、Umbrella plant。
Octopus tree belongs to the family Araliaceae (the Ginseng family). It is a tall evergreen tree that is distributed from the Java Island to New Guinea and Australia. This tree can reach about 12 m in height. The leaves are palmate compound, alternate with 7-16 leaflets which are oblong and gloosy green. The umbels are borne on the terminal branches and bloom burgundy red flowers in April to October.
[上・中1・中4] オーストラリア・シドニー市リンドフィールドにて、
2006年12月08日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・中3] 静岡県浜松市「浜松フラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中5〜6・下] 茨城県那珂市「茨城県植物園」にて、
2012年12月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp