おどりこそう (踊子草)

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

Lamium album var. barbatum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国、東南アジアの温帯地域に広く分布しています。山野や道ばたなどに生え、高さは30〜50センチになります。長い地下茎で広がり、群落をつくります。葉は卵状三角形から広卵形で対生し、縁には粗い鋸歯があります。3月から6月ごろ、上部の葉腋に白色から淡紅紫色、淡黄色などの花を輪生状に咲かせます。名前は、花のかたちを菅笠を被った踊り子に見立てたもの。
シソ科オドリコソウ属の常緑多年草で、学名は Lamium album var. barbatum。英名は White deadnettle。
The White deadnettle (Lamium album var. barbatum) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is an evergreen perennial herb that is distributed widely throughout Japan, the Korean Peninsula, China and eastsouthern Asia. This herb grows in mountains, fields or roadsides and can reach 30-50 cm in height. The plants spread by long rhizomes and grow often in large clumps. The leaves are ovate-deltoid to broad ovate and arranged in opposite with coarse toothed edges. The flowers are white to pale magenta or pale yellow and bloom whorled on the upper axils from March to June.
[上] 長野県松本市「内田少年の森」にて、2005年05月21日撮影。
[中1・中2] 長野県大町市八坂にて、2006年05月10日撮影。
[中3] 兵庫県山崎町青木にて、2004年04月22日撮影。
[中4] 長野県小諸市古城区にて、2006年07月09日撮影。
[中5] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2006年07月27日撮影。
[中6〜中9] 千葉県香取市府馬にて、2012年04月20日撮影。
[中10〜中15] 千葉県香取市田部にて、2013年05月04日撮影。
[中16〜中19・下] 同上にて、2016年04月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp