オエノテラ・デルトイデス

Oenothera deltoides

Oenothera deltoides

Oenothera deltoides

Oenothera deltoides

Oenothera deltoides

Oenothera deltoides

アメリカの西南部、オレゴン州からカリフォルニア州、アリゾナ州にかけて分布しています。砂漠の砂地に生え、高さは5〜30センチになります。葉は灰緑色の広卵形からダイアモンド形で根生し、ロゼットを形成します。3月から5月ごろ、花茎を伸ばして白色の花を咲かせます。日の出前に、花が閉じているときの光景は、あたかもテッシュペーパーを撒き散らかしたように見えます。また受粉を終えて枯死すると、鳥かごのようなかたちになります。
アカバナ科マツヨイグサ属の一年草または多年草で、学名は Oenothera deltoides。英名は Birdcage evening primrose、Devil's lantern、Lion-in-a-cage。 
Birdcage evening primrose (Oenothera deltoides) belongs to the Onagraceae (the Evening primrose family). It is an annual or a perennial herb that is distributed to the west-southern United States, from Oregon south to California and Arizona. This herb grows on the sandy places of desert, and up to a height of 5-30 cm. The leaves are grayish green, broard ovate to diamond-shaped, and form basal rosette. The flowering stalk is borne and bloom white flowers from March to May. Before sunrise, the scenery when this flower is closed seems to have scattered tissue paper. When this flower finishes pollination and it dies, it becomes like a cage basket. 
[上・中1・下] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、2006年05月28日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中2〜中4] 同上にて、2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp