おはらめあざみ (大原女薊)

Cirsium microspicatum var. kiotoense

Cirsium microspicatum var. kiotoense

Cirsium microspicatum var. kiotoense

わが国の本州、岐阜・富山県以西から近畿地方に分布しています。
関東地方から中部地方に分布する「アズマヤマアザミ」の変種です。
山地の林内や林縁に生え、高さは1.5〜2メートルになります。茎葉
は長楕円形で先端が鋭く尖り、羽状に中裂から深裂します。9月から
11月ごろ、淡紫紅色の頭花を上向きまたは斜め上向きに咲かせま
す。総苞は筒状で、総苞片はほとんど反り返らず、棘もありません。
名前は、京都の比叡山に多いことから。
キク科アザミ属の多年草で、学名は Cirsium microspicatum var.
kiotoense。英名はありません。
滋賀県大津市葛川中村町「白滝山」にて、2005年10月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp