おひるぎ (雄漂木)

Bruguiera gymnorrhiza

Bruguiera gymnorrhiza

Bruguiera gymnorrhiza

Bruguiera gymnorrhiza

Bruguiera gymnorrhiza

Bruguiera gymnorrhiza

Bruguiera gymnorrhiza

Bruguiera gymnorrhiza

Bruguiera gymnorrhiza

わが国の南西諸島以南から、台湾やフィリピン、東南アジアに分布しています。浅い海の泥中に生え、高さは10〜20メートルになります。マングローブを形成する樹種のひとつです。呼吸根は地表面に屈曲して飛び出します。花は、赤い萼片がよく目立ち、多くの小鳥をひきつけます。鳥媒花です。別名で「べにばなひるぎ(紅花漂木)」とも呼ばれます。
ヒルギ科オヒルギ属の常緑高木で、学名は Bruguiera gymnorrhiza。
英名は Burma mangrove。
Burma mangrove belongs to Rhizophoraceae (the Mangrove family). It is a tall evergreen tree that is distributed southward from the Nansei Islands of Japan to Taiwan, Philippine and Southeast Asia. This tree grows in tropical seacoasts and can reach 10-20 m in height. This species is a member of mangrove trees. The respiratory roots throw out from the muds. It is a bird-pollinated flower with pronounced red sepals that attract many bird's interests.
[上・中1] 静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2004年12月07日撮影。
[中3] 同上にて、2005年02月15日撮影。
[中4] 同上にて、2005年05月16日撮影。
[中5] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[中6] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2008年12月07日撮影。
[中7・下] 同上にて、2011年12月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp