おかひじき (陸鹿尾菜) [Index] [Back]

Salsola komarovii

Salsola komarovii

Salsola komarovii

Salsola komarovii

Salsola komarovii

Salsola komarovii

Salsola komarovii

わが国の各地をはじめ、アジアの北東部に広く分布しています。海岸の砂地に生え。高さは20〜30センチになります。茎はよく分枝して広がります。葉は線形で多肉質、長さ1〜3センチになります。7月から10月ごろ、葉腋に小さな目立たない花を咲かせます。やわらかい若芽は、茹でて食用にされます。
アカザ科オカヒジキ属の一年草で、学名は Salsola komarovii。
英名は Saltwort。
The Saltwort belongs to Chenopodiaceae (the Goosefoot family). It is an annual herb that is distributed widely, all over Japan and northeastern Asia. This herb occurs in sandy soiles on beaches and can reach 20-30 cm in height. The stem is much-branched at the base and spreading. The leaves are succulent, linear and 1-3 cm long. The inconspicuous small flowes are borne on the axiles from July to October. The young shoots are used for boiled vegetable.
[上・中1] 茨城県神栖市土合西にて、2008年07月20日撮影。
[中2] 同上にて、2008年05月25日撮影。
[中3] 同上にて、2008年08月06日撮影。
[中4] 同上にて、2008年08月21日撮影。
[中5・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年09月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp