おかめざくら (阿亀桜) [Index] [Back]

Prunus incamp cv. Okame

Prunus incamp cv. Okame

イギリスのサクラ研究家イングラム(C. Ingram)によって、「ひかんざくら(Prunus cerasoides var. campanulata)」と「まめざくら(Prunus incisa)」を交配して作出され、1947年に発表されました。花は淡い紅紫色で、2月下旬から3月上旬に咲きます。
バラ科サクラ属の落葉小高木で、学名は Prunus incamp cv. Okame。
英名は Okame cherry。
Okame cherry (Prunus incamp cv. Okame) belongs to Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree that is a interspecies hybrid between Taiwan cherry (Prunus cerasoides var. campanulata) and )Fuji cherry (Prunus incisa). This cherry was raised by British student of cherry C. Ingram in 1947. The flowers are pale magenta and bloom from late of February to early of March.
神奈川県鎌倉市「大船フラワーセンター」にて、
2009年02月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp