おきなぐさ (翁草)

Pulsatilla cernua

Pulsatilla cernua

Pulsatilla cernua

Pulsatilla cernua

Pulsatilla cernua

Pulsatilla cernua

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布してい
ます。むかしは丘陵や草原に、ふつうに自生していたといいます。今
ではほとんど見られなくなりました。4月から5月ごろ、釣鐘状の花を
下向きに咲かせます。花弁のように見えるのは萼片です。果実には
白い長い毛があります。名前はこれを翁の頭に見立てたことから。
キンポウゲ科オキナグサ属の多年草で、学名は Pulsatilla cernua。
英名は Okina-gusa, Nodding anemone。
"Okina-gusa" (Pulsatilla cernua) belongs to the Ranunculaceae (the
Buttercup family). It is a perennial herb that is native from Honshu to
Shikoku, Kyushu of Japan, and also the Korean Penninsula and China.
This herb was grown commonly in hills and grasslands in former days.
Nowadays, it can be almost never found in the wild. The bell-shaped
flowers bloom descending from April to May. The corolla has five petaloid
sepals. The fruits have white long hairs. The Japanese name is derived from
an old man's white hairs.
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年01月23日撮影。
[中2] 同上にて、2005年11月08日撮影。
[中1] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2002年04月10日撮影。
[中3] 長野市松代温泉にて、2006年05月18日撮影。
[中4・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2011年05月04日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp