オクラ

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

Abelmoschus esculentus

アフリカの東北部が原産です。エジプトでは、紀元前200年ごろに
はすでに栽培が始まっていたといいます。わが国へは江戸時代の終
わりに渡来しました。本格的に普及したのは、昭和40年ごろです。7
月から9月ごろ、黄色い花を咲かせます。花の基部はワインレッド。
開花後、5〜6日の若い莢果を食用にします。サラダや和え物、天ぷ
ら、煮物、スープなどに利用されます。
写真中5の品種は、「ガリバー(五角莢系)」
中6は、「グリーンスター(五角莢系)」
中7は、「ピークファイブ(五角莢系)」
中8は、「みやこ五角(五角莢系)」
中9は、「スムースグリーン(丸莢系)」
そして下が、「島オクラ(丸莢系)」。
アオイ科トロロアオイ属の多年草で、学名は Abelmoschus
esculentus。英名は Okra。
Okra (Abelmoschus esculentus) belongs to Malvaceae (the Mallow
family). It is a perennial herb that is native to northeastern Africa.
Cultivation of this herb began in ancient Egypt before 200 BC. It was
introduced into Japan in the late Edo Era (about 150 years ago), though it
only became common in the Showa Era (about 40 years ago). The yellow
flowers, each with a wine-red throat, bloom in July to September. Five or
six days after flowering, the immature fruits are used in salads, marinated
foods, deep-fried foods, boiled foods, or soup. (edit by Greg
Brockelbank)
[上・中1・中4] 大阪府枚方市招提元町にて、
2007年09月05日撮影。
[中2・中3] 長野県辰野町上島にて、2005年09月21日撮影。
[中5〜9・下] 千葉県香取市大角にて、2011年09月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp