おくとりかぶと (奥鳥兜)

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

Aconitum japonicum

わが国の本州、中部地方以北から北海道南部に分布しています。山地のブナ林などのやや湿った林床や渓流沿いなどに生え、高さは1〜2メートルになります。林縁では斜上し、草原では直立します。葉は5〜7裂しますが、細長い裂片には分かれず、丸みがあります。8月から10月ごろ、濃い青紫色で兜形の花を咲かせます。名前は、陸奥(みちのく)に多いことから。 
キンポウゲ科トリカブト属の多年草で、学名は Aconitum japonicum。
英名はありません。 
The "Oku-torikabuto" (Aconitum japonicum) belongs to Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is endemic to Japan and distributed northward from Chubu district of Honshu to southern Hokkaido. This herb grows in wettish forest floors of montane beech forests and along montaine streams, and can reach 1-2 m in height. The stems are scendent at the forest edges and erect at the grasslands. The leaves are divided into 5-7 lobes. They are not divided more fine lobes. The flowers are dark purple and helmet-shaped, and bloom August to October. 
[上・中1] 長野県駒ヶ根市赤穂「駒ヶ根高原」にて、
2002年09月15日撮影。
[中2] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。
[中4・中5] 福島県川俣町飯坂「花塚山」にて、
2014年05月17日撮影。
[中6〜中9] 福島県檜枝岐村「台倉高山」にて、
2014年09月21日撮影。
[下] 福島県須賀川市岩瀬「笠ヶ森山」にて、2014年10月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp