オレア・アフリカーナ [Index] [Back]

Olea europaea ssp. africana

Olea europaea ssp. africana

アフリカやマスカリン諸島、アラビア、インドそれに中国などに広く分布しています。丘陵の岩礫地や河岸、林内などに生え、高さは7〜12メートルになります。樹皮は灰褐色で、しばしば縦に剥離します。葉は灰緑色から濃緑色の披針形で光沢があります。10月から2月ごろ、白色から緑白色の花を咲かせ、果実は紫黒色に熟します。葉からはお茶が作られます。
モクセイ科オリーブ属の常緑小高木で、学名は Olea europaea ssp. africana。英名は Wild olive。
Wild olive belongs to Oleaceae (Olive family). It is an evergreen semi-tall tree that is widespread in Africa, Mascarene Islands, Arabia, India to China. This tree occurs on rocky hillsides, stream banks or in woodland and can reach 7-12 m in height. The barks are grayish brown and sometimes peels off in stripes. The leaves are lanceolate and glossy grey-green to dark-green. White to greenish flowers come from October to February, and the fruits ripen purple-black. A tea can be made from the leaves.
オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp