オリーブ

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

Olea europea

原産地は不明ですが、紀元前3000年ごろにアフリカで栽培が始まり、紀元前600年ごろには地中海沿岸でも栽培されていました。わが国へは江戸時代の末期に渡来しています。高さは9メートルほどになり、樹皮には多くの皮目があります。葉は披針形で厚い革質、両面に鱗状毛が生えます。5月から7月ごろ、前年枝の葉腋に円錐花序をだし、芳香のある黄白色の花を咲かせます。果実は核果で、黒紫色に熟し、ピクルスやオリーブ油に利用されます。 
モクセイ科オリーブ属の常緑小高木で、学名は Olea europea。
英名は Olive。 
The Olive (Olea europea) belongs to the family Oleaceae (the Olive family). It is a semi-tall evergreen tree that is unknown its country of origin. It began to cultivating in Africa about 3,000 BC, and it had been cultivated in the Mediterranean Basin about 600 BC. It was also introduced into Japan in the last days of Edo Era (about 150 years ago). This tree can reach about 9 m in height with many lenticles on the bark. The leaves are lanceolate, thick, leathery with scaly hairs on the both sides. The scented, yellowish-white flowers bloom in the panicles which borne on the axils of new branches from May to July. The fruits are drupes, ripen blackish-purple, and used as a pickled or olive oil. 
[上・中1] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年10月22日撮影。
[中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年11月08日撮影。
[中3] 同上にて、2005年12月07日撮影。
[中4〜中6] トルコ・トロイ遺跡にて、2014年09月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7〜中9] トルコ・ミレトスにて、2014年09月19日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中10・中11] ギリシャ・スキアトスにて、2014年09月18日撮影。
(photo by Jouette Suehiro)
[中12〜14・下] ギリシャ・モネンバシアにて、
2014年09月23日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp