おにびし (鬼菱)

Trapa natans var. rubeola f. viridi

Trapa natans var. rubeola f. viridi

Trapa natans var. rubeola f. viridi

Trapa natans var. rubeola f. viridi

わが国の本州から四国・九州に分布しています。池沼などに生え、
泥の中に根を伸ばして菱形の葉を水面に浮かべます。葉柄はふくら
んで浮き袋の役目を果たしています。7月から10月ごろ、白い小さな
4弁の花を咲かせます。花後に水中で果実ができますが、棘が4個
あります。よく似た「ひし」は2個、「ひめびし」は棘が4個ですが小さい
ことで区別できます。
ヒシ科ヒシ属の一年草で、学名は Trapa natans var. rubeola f. viridis。
英名はありません。
'Oni-bishi' (Trapa natans var. rubeola f. viridis) belongs to Trapaceae
(Water caltrop family). It is an annual herb that is native to Honshu,
Shikoku and Kyushu of Japan. This herb occurs in ponds and bogs. The
roots spread in mud. The leaves are lozenged with bladders and float on
the water surface. The small white flowers come in July through October.
Following bloom, it bears the fruits with 4 thorns in water.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年09月25日撮影。
[中1・中2] 同上にて、2006年08月19日撮影。
[下] 同上にて、2003年09月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp