おにげし (鬼罌粟)

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

Papaver orientale

西南アジアのアルメニア、イラン北東部、トルコが原産です。山地の下部から丘陵地帯の、日当たりが良く、砂礫の多い斜面や草原に生え、高さは75〜100センチほどになります。和名は、葉や茎に粗い毛があるところから。別名で「オリエンタルポピー」とも呼ばれます。初夏に真っ赤な花を咲かせます。写真の中4〜6は、ピンク色の園芸品種。
ケシ科ケシ属の多年草で、学名は Papaver orientale。
英名は Oriental poppy。
Oriental poppy (Papaver orientale) belongs to the Papaveraceae (the Poppy family). It is a perennial herb that is native to south-western Asia, from Armenia to north-eastern Iran and Turk. This herb grows in gravel slopes or grasslands in lower mountains or hillsides and it can reach 75-100 cm in height. The leaves and stems are covered with rough hairs. The bright red flowers come in early summer. There are also many cultivars with various flower-colors.
[上・中1・中7] 長野県小諸市菱平にて、2009年05月23日撮影。
[中2] 京都府左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中3] スイス・ベルン州・ミューレンにて、2007年06月29日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中4] イギリス・スコットランド・ネアン州「コーダー城」にて、
2007年06月17日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中5・中6] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2006年05月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8〜中10] アメリカ・コロラド州テルユライド町にて、
2010年07月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド・フォートウィリアムにて、
2016年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp