おにぐるみ (鬼胡桃)

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

Juglans mandshurica var. sachalinensis

わが国の各地をはじめ、サハリンにも分布しています。川沿いなどの湿り気の多いところに生え、高さは7〜10メートルになります。葉は奇数羽状複葉で、小葉は5〜9対つきます。5月から6月ごろ、葉の展開と同時に花を咲かせます。雌花序は枝先に直立し、雄花序は葉腋から下垂します。果実は堅果で、9月から10月に熟して食用になります。
クルミ科クルミ属の落葉高木で、学名は Juglans mandshurica var. sachalinensis。英名はありません。
"Oni-gurumi" (Juglans mandshurica var. sachalinensis) belongs to the Juglandaceae (the Walnut family). It is a tall deciduous tree that is native to all over Japan, as well as Sakhalin. This tree grows in waste places along streams and can reach 7-10 m in height. The leaves are odd-pinnate compound with 5-9 pairs of leaflets. The flowers come in May to June as soon as foliation. The female inflorescenses are erect on the branches and the male ones are drooping from the axiles. The fruits are edible nuts and ripen in September to October.
[上・中1〜2] 岐阜県恵那市大井にて、2007年06月07日撮影。
[中3・中4] 長野県松川村石ノ坪にて、2006年05月10日撮影。
[中5] 長野県佐久穂町大日向にて、2005年07月10日撮影。
[中6・中7] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2010年05月16日撮影。
[中8〜中10] 群馬県片品村戸倉にて、2012年06月10日撮影。
[中11〜中13] 山形県小国町「樽口峠」にて、
2015年05月04日撮影。
[中14・中15] 宮城県大崎市鬼首「地獄谷遊歩道」にて、
2015年06月07日撮影。
[中16〜17・下] 山形県小国町「岩魚沢」にて、
2016年04月24日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp