おにはまだいこん (鬼浜大根) [Index] [Back]

Cakile edentula

Cakile edentula

Cakile edentula

Cakile edentula

Cakile edentula

Cakile edentula

Cakile edentula

Cakile edentula

Cakile edentula

Cakile edentula

ヨーロッパから北アメリカに分布しています。わが国では、1982年に新潟県で帰化が確認されました。砂浜に生え、高さは50〜60センチになります。茎は基部でよく分枝します。葉は長楕円形から倒卵形で互生し、全縁か波状に浅裂します。6月から8月ごろ、茎の上部に花序をだし、小さな白色から淡い紫色の花を咲かせます。果実は筆先のようなかたちで、8月から9月に熟します。
アブラナ科オニハマダイコン属の一年草で、学名は Cakile edentula。英名は Sea rocket、American searocket。
The Sea rocket (Cakile edentula) belongs to Brassicaceae (the Mustard family). It is an annual herb that is native to Europe and North America. It was confirmed to naturalize in Niigata prefecture in 1982. This herb occurs in gravelly beaches and can reach 50-60 cm in height. The stem is much branched at the base. The leaves are oblong to obovate, alternate and entire or wavy lobate. The clusters are borne on the upper stems and bloom small white to pale purple flowers from June to August. The fruits resemble to tip of a writing brush and ripen from August to September.
[上・中1] 茨城県神栖市太田「波崎海岸」にて、
2008年07月30日撮影。
[中2・中3] 茨城県神栖市矢田部「波崎海岸」にて、
2008年07月16日撮影。
[中4] 茨城県神栖市波崎「波崎海岸」にて、2009年09月11日撮影。
[中5・中6] スペイン・バレンシア県プソルにて、
2015年02月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] 同上にて、2015年02月26日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8・下] 同上にて、2015年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp