おにのげし (鬼野芥子)

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

Sonchus asper

ヨーロッパが原産です。わが国へは明治時代に渡来しました。道端
や荒れ地に生え、高さは50〜100センチほどになります。ロゼット
状の根出葉で冬を越し、春に中空の茎を伸ばします。葉は茎を抱
き、縁には鋸歯があり先端が棘状になっています。3月から10月ご
ろ、舌状花だけの黄色い花を咲かせます。
キク科ノゲシ属の越年草で、学名は Sonchus asper。
英名は Prickly sow thistle, Spiny-leaved sow thistle。
Prickly sow thistle belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a
biennial herb that is native to Europe. This herb was introduced into Japan
in Meiji Era (about 120 years ago). It grows in roadsides or waste places
and can reach 50-100 cm in height. It passes the winter by radical leaves
and extends midair stem in spring. The leaves enfold stems, and have
prickly-pointed toothed edges. The yellow ray flowers come in March to
October.
[上・中1] 茨城県神栖市高浜にて、2008年05月07日撮影。
[中2・中3] 滋賀県木之本町大音にて、2003年11月02日撮影。
[中4〜中6] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年05月23日撮影。
[中7〜中9] 茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」にて、
2009年11月15日撮影。
[中10・下] 千葉県香取市大角にて、2011年04月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp