おにしもつけ (鬼下野)

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

Filipendula kamtschatica

わが国の本州、中部地方以北から北海道、千島、サハリン、カムチャッカ半島に分布しています。山地帯から高山帯の日当たりのよい湿った草地や渓流沿いに生え、高さは1〜2メートルになります。葉はふつう掌状に5裂して、縁には重鋸歯があります。6月から9月ごろ、茎の先に散房花序をだし、白色の小さな花を咲かせます。日本海側には、淡い紅色を帯びるものがあります。名前は、大きな「しもつけそう」ということから。 
バラ科シモツケソウ属の多年草で、学名は Filipendula kamtschatica。英名はありません。 
"Oni-shimotsuke" (Filipendula kamtschatica) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido, as well as the Kuril Islands, Sakhlin and the Kamchatska Peninsula. This herb grows on montane to alpine sunny grasslands and along mountain streams, and can reach 1-2 m in height. The leaves are divided into 5 lobes palmately with duplicato-serratus edges. The cymes are borne on the stem apices and the small white flowers bloom from June to September. The flower-color is occasionally pale rose-pink at the Japan Sea side of Honshu. 
[上・中1] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2006年08月02日撮影。
[中2] 秋田県藤里町太良「田苗代湿原」にて、
2005年07月17日撮影。
[中3・中4] 秋田県藤里町太良「駒ヶ岳」にて、
2005年07月17日撮影。
[中5・中6] 長野県白馬村北城「八方尾根」にて、
2006年08月25日撮影。
[中7・中8] 群馬県みなかみ町湯桧曽「谷川岳」にて、
2009年07月26日撮影。
[中9・中10] 群馬県六合村入山「野反湖」にて、
2008年07月26日撮影。
[中11] 北海道斜里郡清里町「斜里岳」にて、2011年08月01日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中12・中13] 長野県山ノ内町「木戸池」にて、
2010年07月25日撮影。
[中14・中15] 宮城県仙台市「東北大学植物園」にて、
2016年05月14日撮影。
[中16・下] 長野県白馬村「唐松岳」にて、2016年07月31日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp