おにたびらこ (鬼田平子)

Youngia japonica

Youngia japonica

Youngia japonica

Youngia japonica

Youngia japonica

Youngia japonica

Youngia japonica

Youngia japonica

Youngia japonica

Youngia japonica

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に広く分布しています。名前は、「こおにたびらこ(小鬼田平子)」に似て大きいことから。畑や道ばたにふつうに生え、高さは20〜60センチほどになります。根生葉はロゼット状につき、羽状に深裂します。4月から10月ごろ、花茎を伸ばして散房花序をだし、黄色い頭花を咲かせます。両性花です。
キク科オニタビラコ属の越年草で、学名は Youngia japonica。
英名は Oriental false hawksbeard。
Oriental false hawksbeard (Youngia japonica) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is biennial herb that is native to Japan, also the Korean Penisula and China. This grows in arable lands or roadsides and can reach 20-60 cm in height. The basal leaves form rosette and are pinnatipartite. The corymbs are borne on the flowering stalks and bloom yellow flower-heads from April to October. They are bisexual flowers.
[上・中1〜2・中7] 千葉県香取市下飯田にて、
2008年05月07日撮影。
[中3〜4・中6] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・下] 千葉県旭市「万歳自然公園」にて、2012年04月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp