オノニス・スピノサ (針苜蓿) [Index] [Back]

Ononis spinosa

Ononis spinosa

Ononis spinosa

Ononis spinosa

ヨーロッパのほぼ全域と北アフリカ、西アジアに分布しています。やや乾燥した石灰岩地の草地などに生え、高さは60センチほどになります。茎には枝が変形してできた鋭い棘があります。葉は3出複葉で、小さな楕円形の小葉がつきます。5月から8月ごろ、ピンク色から淡い紫色の花を咲かせます。根には利尿作用のある精油が含まれます。和名では「はりもくしゅく(針苜蓿)」と呼ばれます。
マメ科ハリモクシュク属の小低木で、学名は Ononis spinosa。
英名は Spiny restharrow。
Spiny restharrow belongs to Fabaceae (Pea family). It is a subshrub that is native to most of Europe, North Africa and western Asia. This subshrub occurs in aridish limestone grasslands and can reach about 60 cm in height. It has acute thorns that are modified branches. The leaves are trifoliate with small elliptic leaflets. The pink to pale purple flowers come in May to August. The root contains an essential oil that is diuretic.
長野県大町市「ラ・カスタ」にて、2007年07月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp