オノブリキス・ウィキイフォリア [Index] [Back]

Onobrychis viciifolia

Onobrychis viciifolia

Onobrychis viciifolia

Onobrychis viciifolia

ヨーロッパから中央アジアに分布しています。乾燥した牧草地や草地などに生え、高さは30〜70センチになります。葉は奇数羽状複葉で、狭い長楕円形の小葉がつきます。6月から8月ごろ、茎頂に総状花序をだし、小さな赤紫色の蝶形花を咲かせます。飼料作物やミツバチの蜜源として栽培されています。
マメ科オノブリキス属の多年草で、学名は Onobrychis viciifolia。
英名は Sainfoin。
Sainfoin belongs to the Fabaceae (the Pea family). It is a perennial herb that is native to Europe and West Asia. This herb grows in arid meadows or grassland and can reach 30-70 cm in height. The leaves are pinnate compound with narrow oblong leaflets. The racemes are borne on the stem apices and bloom small magenta flowers from June to August. This herb is cultivated as forage crop and source of honey.
[上・中1] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月18日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp