おおみあかてつ (大実赤鉄) [Index] [Back]

Calocarpum sapota

Calocarpum sapota

西インド諸島から中央アメリカが原産です。高さは20〜30メートルになり、樹皮は灰色がかった黄褐色です。葉は倒卵状披針形で、枝先にまとまってつきます。花は白色の5弁花で、葉腋に2〜3個咲きます。果実は楕円形から卵形で、長さが10〜18センチあります。果肉は赤褐色からサーモンピンクをしていて、甘味が強いのが特徴です。生食用のほか、マーマレードやチョコレートの原料に利用されます。
アカテツ科カロカルプム属の常緑高木で、学名は Calocarpum sapota。英名は True sapote。
True sapote (Calocarpum sapota) belongs to Sapotaceae (Sapote family). It is an evergreen tall tree that is native to West Indies and Central America. This tree can reach 20-30 m in height with grayish yellow-brown barks. The leaves are ovate-lanceolate and crowed at the terminal branches. The flowers are white 5-petaled and borne on the axiles. The fruits are elliptic to ovate and 10-18 cm long. The flesh is reddish brown to salmon-pink and strong sweet. The fruits are used for raw diet and the raw material for marmalade or chocolate.
名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2007年12月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp