おおあわがえり (大粟返り)

Phleum pratense

Phleum pratense

Phleum pratense

Phleum pratense

ヨーロッパからシベリアに広く分布しています。わが国へは明治時代
のはじめに牧草として輸入されました。現在では各地に帰化していま
す。道ばたや野原などに生え、高さは50〜100センチになります。
葉は細長い線形でざらつきます。5月から8月ごろ、茎頂に円柱形で
淡緑色の花序をだします。別名で「チモシー」とも呼ばれます。
イネ科アワガエリ属の多年草で、学名は Phleum pratense。
英名は Timothy。
Timothy belongs to Poaceae (Grass family. It is a perennial herb that is
native from Europe to Siberia. It was introduced into Japan as a meadow
grass in the early Meiji Era (about 130 years ago). Nowadays, it is
naturalized in so many places. This herb occurs in roadsides or fields and
can reach 50-100 cm in height. The leaves are narrow linear and textured.
The columnar pale green clusters are borne on the stalk apices from May to
August.
[上・中1〜2] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、
2006年07月27日撮影。
[下] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、2007年06月28日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp