おおばめぎ (大葉目木)

Berberis tschonoskyana

Berberis tschonoskyana

Berberis tschonoskyana

Berberis tschonoskyana

わが国の本州、関東地方から近畿地方それに四国・九州に分布して
います。枝は「メギ」に比べて疎らです。また前年枝は褐色で、稜や
溝がありません。葉は楕円形から倒卵形で互生または束生し、縁は
全縁です。4月から6月ごろ、淡い黄色の花を咲かせます。果実は赤
く熟します。別名で「みやまめぎ(深山目木)」とも呼ばれます。
メギ科メギ属の落葉小低木で、学名は Berberis tschonoskyana。
英名はありません。
'Ooba-megi' (Berberis tschonoskyana) belongs to Berberidaceae (Barberry
family). It is a deciduous shrub that is distributed in Kanto district to Kinki
district of Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan. This shrub is thinner
branched relative to Japanese barberry (B. thunbergii). The new branches
are brown, not ridged and not grooved. The leaves are elliptic to obovate,
alternate or fasciculate and entire. The pale yelow flowers come in April to
June. The fruits ripen red.
[上・中1] 愛知県豊橋市「葦毛湿原」にて、
2004年04月10日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年04月19日撮影。
[下] 同上にて、2007年03月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp