おおぶたくさ (大豚草)

Ambrosia trifida

Ambrosia trifida

Ambrosia trifida

Ambrosia trifida

Ambrosia trifida

Ambrosia trifida

北アメリカが原産です。わが国では1952年に静岡県で帰化が確認
されています。湿地や草原、道ばたなどに生え、高さは60〜450セ
ンチになります。長い柄のある大きな葉は対生し、ふつう3〜5裂しま
す。6月から10月ごろ、茎頂や葉腋から長い穂状花序をだし、小さ
な黄色い花を咲かせます。大量の花粉を飛ばすため、花粉症のアレ
ルゲンともなっています。葉のかたちから、別名で「くわもどき(桑擬
き)」とも呼ばれます。
キク科ブタクサ属の一年草で、学名は Ambrosia trifida。
英名は Great rugweed、Giant rugweed。
Great rugweed (Ambrosia trifida) belongs to Asteraceae (the Aster family).
It is an annual herb that is native to North America. It was confirmed to
naturalize in Shizuoka prefecture in 1952. This herb grows in marshes,
grasslands and roadsides, and can reach 60-450 cm in height. The leaves
are large, opposite and three to five-lobate with long petioles. The long
spikes bear on the stem apices and leaf axils, and bloom small yellow
flowers from June to October. The pollen of this flowers are an allergen of
hay fever.
[上・中2・下] 長野県富士見町富士見にて、2006年08月24日撮影。
[中1] 長野県麻績村麻にて、2005年08月29日撮影。
[中3・中4] 群馬県みなかみ町大穴にて、2008年09月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp