おおちゃるめるそう (大哨吶草)

Mitella japonica

Mitella japonica

Mitella japonica

わが国の本州、紀伊半島および四国・九州に分布しています。山地
の谷沿いに生え、高さは20〜40センチになります。葉は長卵形で
束生し、縁には鋭い欠刻と鋸歯があります。また表面には長い毛が
生えます。4月から5月ごろ、花茎を伸ばして多くの小さな花を咲か
せます。花弁は羽状に5〜9裂します。
ユキノシタ科チャルメルソウ属の多年草で、学名は Mitella japonica。
英名はありません。
奈良県御所市関谷「金剛山」にて、2006年04月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp