おおだいこんそう (大大根草)

Geum aleppicum

Geum aleppicum

Geum aleppicum

Geum aleppicum

Geum aleppicum

Geum aleppicum

Geum aleppicum

Geum aleppicum

Geum aleppicum

わが国の本州、中部地方以北から北海道それにユーラシア大陸や北アメリカに広く分布しています。山地の草原などに生え、高さは60〜80センチになります。「だいこんそう」に似ていますが、大型で、根生葉の小葉の先端が尖り、縁には粗い鋸歯があります。6月から9月ごろ、黄色い5弁花を咲かせます。
バラ科ダイコンソウ属の多年草で、学名は Geum aleppicum。
英名は Yellow avens。
Yellow avens (Geum aleppicum) belongs to the Rosaceae family (the Rose family). It is a perennial herb that is distributed northward from Chubu district of Honshu to Hokkaido, as well as widely in Eurasian Continent and North America. This herb grows in mountain grasslands and can reach 60-80 cm in height. It resembles to "Daikon-so" (Geum japonicum), though it is difined by the acute tips and coarse toothed edges of radical leaflets. The yellow five-petaled flowers bloom from June to September.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。
[中2・中3] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。
[中4〜7・下] アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、
2013年06月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp