おおばなのえんれいそう (大花の延齢草)

Trillium kamtschaticum

Trillium kamtschaticum

Trillium kamtschaticum

わが国の本州、東北地方北部から北海道それにサハリン、カムチャ
ッカ半島、シベリア東部に分布しています。山野の湿地や林内に生
え、高さは30センチほどになります。葉は菱状広卵形で茎の先に3
個輪生します。4月から6月ごろ、茎の先に白い花を咲かせます。外
花披片3個は緑色、内花披片3個が白色です。
ユリ科エンレイソウ属の多年草で、学名は Trillium kamtschaticum。
英名はありません。
'Oobana-no-enrei-so' (Trillium kamtschaticum) belongs to Liliaceae (Lily
family). It is a perennial herb that is distributed from northern Tohoku
district of Honshu to Hokkaido of Japan, Sakhalin, Kamchatska Peninsula
and eastern Siberia. This herb occurs in marshes or woodlands and can
reach about 30 cm in height. The leaves are diamond-broad-ovate and 3
whorled on the stem apices. The white flower is borne on the apex from
April to June. The 3 outer tepals are green and the 3 inner tepals are white.
[上] 長野県伊那市西春近「かんてんぱぱガーデン」にて、
2007年05月08日撮影。
[中・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年08月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp