おおふたばむぐら (大双葉葎)

Diodia teres

Diodia teres

Diodia teres

Diodia teres

Diodia teres

Diodia teres

Diodia teres

北アメリカが原産です。わが国へは第二次大戦後に帰化し、今では
各地の海岸や河原などの乾燥した砂地に広がっています。茎は下部
で分枝し、10〜30センチになります。葉の両面には堅くて短い毛が
生えています。7月から9月ごろ、葉腋に白色から淡紅色の花を咲か
せます。花冠は4裂し、雄しべも4個です。
アカネ科オオフタバムグラ属の一年草で、学名は Diodia teres。
英名は Buttonweed。
Buttonweed (Diodia teres) belongs to Rubiaceae (the Madder family). It is
an annual herb that is native to North America. This herb was introduced
into Japan after the Second World War, and now it is naturalized in arid
maritime and riverside sands. The stem is branched at the underpart and
can reach 10-30 cm in height. The leaves are covered with hard and short
hairs on the both surfaces. White to pale rose-pink flowers bloom in the
axils from July to September. The corolla is four-lobate and has four
stamens.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市太田「波崎海岸」にて、
2008年07月30日撮影。
[中3・中4] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年08月24日撮影。
[中5・下] 茨城県神栖市太田にて、2009年08月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp