おおばぎぼうし (大葉擬宝珠)

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

Hosta montana

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の林縁や草地などのやや湿ったところに生え、高さは60〜100センチになります。葉は卵状楕円形で長い柄があり根生します。6月から8月ごろ、花茎を長く伸ばして、淡い紫色または白色の花を咲かせます。つぼみがかたまりのときは苞葉だけが開いて星形に見えます。若芽は柔らかく、東北地方で「うるい」と呼ばれる山菜のひとつです。また「山かんぴょう」の名もあり、乾燥して保存食にも利用されます。
ユリ科ギボウシ属の多年草で、学名は Hosta montana。
英名はありません。
"Ooba-giboushi" (Hosta montana) belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is a perennial herb that is nantive to Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in montane wettish forest edges or grasslands and can reach 60-100 cm in height. The leaves are ovate-elliptic and basal with long petioles. The pale purple to white flowers bloom on the long flowering stalks from June to August. The young buds are star-shaped. The young shoots are used for boiled vegetable or dried vegetables.
[上・中4〜6] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、
2006年07月27日撮影。
[中1・中2] 秋田県藤里町藤琴にて、2005年07月17日撮影。
[中3] 岐阜県白川村「三方岩岳」にて、2004年08月08日撮影。
[中7] 大阪府四条畷市「むろいけ園地」にて、
2002年06月02日撮影。
[中8] 長野県白馬村「八方尾根」にて、2008年08月09日撮影。
(photo by Aya Suehiro)
[中14・下] 同上にて、2016年07月31日撮影。
[中9] 長野県山ノ内町「信州大学自然教育園」にて、
2010年07月25日撮影。
[中10・中11] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年07月21日撮影。
[中12・中13] 福島県川俣町「花塚山」にて、2014年05月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp