おおごちょう (黄胡蝶)

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

Poinciana pulcherrima

熱帯アメリカや西インド諸島が原産です。高さは1.8〜4.5メートルほどになり、葉は2回羽状複葉です。枝には鋭いとげがあります。温度さえあれば周年、枝先の長い円錐花序に赤橙色の花を咲かせます。赤い雄しべが突きだしていて目立ちます。刮ハや根は染料として、また全草が薬用にも利用されます。バルバドスの国花です。 
ジャケツイバラ科ホウオウボク属の常緑低木で、学名は Poinciana pulcherrima。英名は Dwarf poinciana、Peacock flower。 
The Dwarf poinciana (Poinciana pulcherrima) belongs to the Caesalpiniaceae family. It is a small evergreen tree that is native to the tropical America and the West Indies. This tree can reach 1.8-4.5 m in height. The leaves are bipinnate compound and the branches have acute spines. The red-orange flowers come in the terminal long panicles year round if the temperature keeps comfortable. The red stamens protrude from corallas and are highly visible. The capsules and roots are used for dye, and the whole plants are used for medicine. This is a national flower of Barbados. 
[上] 静岡県浜松市「はままつフラワーパーク」にて、
2007年03月14日撮影。
[中1・中3] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年10月05日撮影。
[中2] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年10月03日撮影。
[中4] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中6] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] 群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、
2011年12月11日撮影。
[中8・下] 沖縄県沖縄市にて、2016年11月01日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp