おおぐるま (大車) [Index] [Back]

Inula helenium

Inula helenium

Inula helenium

Inula helenium

Inula helenium

Inula helenium

Inula helenium

ヨーロッパの中・南部からアジア、ヒマラヤ辺りまで分布しています。高さは90〜150センチになります。葉は楕円形で、柔らかな毛に被われます。夏から秋、黄色い頭花を咲かせます。根茎は太く、苦味があり、樟脳のような香りがあります。ヨーロッパでは民間薬として、発汗、利尿、去痰に用いられます。
キク科オグルマ属の多年草で、学名は Inula helenium。英名は Elecampane、Horse-heal。
Elecampane (Inula helenium) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed eastward from central and southern Europe to Asia; as far as the Himalayas. This herb can reach 90-150 cm in height. The leaves are elliptic and covered with soft hairs. The flower-heads are yellow and bloom in summer and fall. The rhizomatous roots are thick and have a bitter taste and a camphoraceous odor. They are used as a herbal medicine for sudorific, diuretic agent or expectorant drug in Europe.
[上・中1〜4] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年08月01日撮影。
[中5・下] イギリス・リッモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp